[PR]

 血液中にわずかに交じったがん細胞も素早く見つけ、転移を早期に発見できるようになるかも知れない。東京大などの研究チームは、高速かつ高精度に撮影した画像から、AI(人工知能)が細胞一つひとつの特徴を見分ける分析装置を開発した。これまでより解析スピードと精度が大幅に向上したという。科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに6日発表した。

 研究チームは、管に細胞を流して毎秒1万個のペースで撮影できる装置を開発した。流れが速いと細胞がぶれるが、流れを追いかけるように撮影したり、光の当て方を工夫したりして、ぶれやにじみを少なくしたという。

 その後にAIで解析すると、リンパ球と好中球という2種類の白血球を95%の確率で見分けられた。

 がん細胞の一部は、血液を通し…

この記事は有料会員記事です。残り221文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り221文字有料会員になると続きをお読みいただけます。