【動画】性暴力に根絶を訴えるフラワーデモが始まってから1年。被害者らの声が大きなうねりとなって全国に広がっています。
[PR]

 花を手に街頭に立つ「フラワーデモ」を知っていますか? 性暴力の根絶を訴えて昨年4月11日に東京で始まり、毎月11日の開催ごとに全国に広がってきました。被害を打ち明ける人、耳を傾ける人。それぞれの土地で街に出た「1人」がつながりました。今月は「国際女性デー」にあわせて、きょう8日、オンライン開催も含め、さらに多くの地域で開かれます。

友人は「仕事辞めなよ」 私は自分を責めた 

 「気がつくとマイクを持って皆の前でスピーチをしていました」。性暴力の被害に苦しみ、2月11日に初めて岐阜市のフラワーデモに参加した20代の女性会社員が語りました。

拡大する写真・図版花やプラカードを手に持ち、フラワーデモに集まった人たち=2020年2月11日午後7時20分、岐阜市橋本町1丁目、松山紫乃撮影

 フラワーデモには、初めて参加しました。性暴力の被害に遭った人たちが何を思い、どんなことを訴えているのか知りたくて。「性暴力を許さない」という同じ気持ちを持った人たちが集まっていることがうれしかった。あの日は、気がつくとマイクを持ってみんなの前でスピーチをしていました。

 昨夏、職場の上司から合意のない性行為を強いられました。役職があり、妻子もいる人で、そんなことをされるなんて想像もしていませんでした。

 行為を強いられたのは計2回。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら