拡大する写真・図版新商品説明会で出されたしょうゆの試食。一番左が塩分66%カットの商品です

[PR]

 食事の支度をしていて、気がつくと献立すべてがしょうゆ味になっていた、という失敗をしたことがありませんか?……私はあります。食卓に欠かせないしょうゆ。キッコーマンが食塩含有量を通常品の3分の1にした新しい減塩しょうゆを発売しました。大さじ1杯で食塩相当量は0.8グラム。日本人は食塩摂取量のうち7割を調味料から取っているとされる中、これは興味深い。詳しい話を聞いてきました。

 実は1月末に開かれた新商品説明会で、この新商品「いつでも新鮮 超減塩しょうゆ 食塩分66%カット」を試食する機会がありました。66%カットを先に口にしてから、通常品をなめると、塩辛さにびっくり。塩味がとがっていて、66%の方がバランスのとれた味のように感じました。

素材の風味を引き立てる

 「うまみがしっかりして、普通のしょうゆと同様に、つけたりかけたり加熱調理に使えます」と、しょうゆ・みりんグループ担当マネジャーの井上美香さん。「今は素材自体、新鮮で高品質。しょうゆの味で食べる必要がないくらい。この商品はむしろ、やわらかい塩味と華やかな香りがあり、素材の風味を引き立てるしょうゆです」と、減塩という健康面のメリットばかりではなく、味わいに優れた点があると話します。

拡大する写真・図版減塩しょうゆについて話す、しょうゆ・みりんグループ担当マネジャーの井上美香さん

 同社は1965年から減塩しょ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら