[PR]

 世界経済フォーラムの男女格差指数で、日本は153カ国中121位、先進国では最下位に沈みます。男女平等を妨げる大きな要因になっているのが、政治や経済分野におけるリーダー層での女性の少なさです。日本を代表する大企業のトップのほとんどは男性。大企業が集まる経団連の正副会長もみな男性です。「男ばかり」の財界の現状をどうみているのか。変えていこうという考えはあるのか。経団連でダイバーシティー推進を担当する副会長でANAホールディングス社長の片野坂真哉氏に聞きました。(聞き手=高橋末菜、加藤裕則)

 ――男女格差世界121位の現状をどうみていますか。

 日本も世界も歴史的には男性中心の社会でしたが、世界は先に取り組みをはじめ、日本はやや遅れたからだと思います。役員の女性比率は5%ほどで、数年前に比べると上がってきています。

 ――加速するために必要なこと、財界をリードする経団連の役割は何ですか。

 まずは個別の企業がそれぞれ努…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら