[PR]

 ハンガリーを旅行中に新型コロナウイルスへの感染を疑われ、ブダペスト市内の病院に隔離されていた日本人15人は6日深夜、退院した。ブダペストの在ハンガリー日本大使館によると、検査の結果、全員が陰性で、滞在先のホテルに戻ったという。

 大使館によると、せきや発熱のあった学生がいたため、大事をとって15人全員が5日に病院に向かったという。城西国際大学は7日、15人が国際交流研修プログラムに参加中の学生14人と引率教員であることを明らかにした。近く帰国の途につくとしている。(ウィーン=吉武祐)