[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で小中高校などが休校になったことを憂慮した大道芸人の有志が7日、名古屋市内で「無観客による大道芸イベント」を開いた。感染を防ぐため、人が少ない郊外で約2時間のパフォーマンスを上演。その模様をインターネットでライブ配信した。

 発起人は、NPO法人「中部大道芸ネットワーク」(岐阜県各務原市)の理事長も務めるオマールえび(本名・鈴村仁志)さん(47)。元岐阜県恵那市職員の経歴を持ち、現在はプロとしてイベント出演のほか、子ども食堂の応援活動にも取り組んできた。

 だが、新型コロナウイルスの影響でイベントは軒並み中止に。20日から愛知県長久手市で開かれる予定だった毎年恒例の大道芸の祭典「モリコロパーク大道芸フェスティバル」も秋に延期した。

 出演キャンセルが相次ぐ大道芸…

この記事は有料会員記事です。残り386文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り386文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース