[PR]

 東京五輪マラソン代表の残る1枠をかけた女子の名古屋ウィメンズマラソン、男子のびわ湖毎日マラソンが8日、それぞれ開催された。名古屋ウィメンズは一山麻緒(ワコール)が日本歴代4位、国内最高記録の2時間20分29秒をマークして優勝。松田瑞生(ダイハツ)が1月の大阪国際で出した2時間21分47秒を上回り、五輪代表に内定した。

 びわ湖毎日は作田直也(JR東日本)が2時間8分59秒で日本選手トップの4位に入ったが、大迫傑(ナイキ)が今月1日の東京マラソンでマークした日本新記録の2時間5分29秒には届かず。この結果、大迫が五輪代表に内定した。

 東京五輪のマラソン代表は男女各3人。昨秋のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)で男子優勝の中村匠吾(富士通)と2位の服部勇馬(トヨタ自動車)、女子優勝の前田穂南(天満屋)と2位の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が、すでに代表に内定していた。

 3人目はMGCファイナルチャレンジ男女各3大会で、男子が2時間5分49秒、女子が2時間22分22秒以内の記録を出した最上位選手が対象となり、男子は大迫、女子は一山が条件を満たした。(記録は速報値)

こんなニュースも