[PR]

 深刻な財政危機に苦しむレバノン政府は7日、償還期限を9日に迎える約12億ドル(約1260億円)の外貨建て国債について、返済できないと明らかにした。AFP通信などが伝えた。レバノンは初の債務不履行(デフォルト)に陥る見通し。同国政府は債権者と返済条件などをめぐる交渉に入るが、国民が痛みを伴う財政改革は避けられず、国内の不満がさらに強まる恐れもある。

 報道によると、同国のディアブ首相は7日のテレビ演説で「国が抱えられる債務水準を超えてしまった。レバノン国民が外貨預金の引き出し制限をされている中で、どうして国外の債権者に返済できようか」と語った。

 レバノンは、保釈中に逃亡した…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら