[PR]

 東京都内の生花販売店「hanane(ハナネ)」が、桜の枝に神奈川県内の農家から仕入れた花を添えた自宅用の「お花見セット」をつくり、9日からネットで販売する。新型コロナウイルスの影響で卒業式や送別会などイベントの中止が相次ぎ、花が出荷できない農家を支援する狙いもある。

 花瓶と桜の枝2本の「おうちでお花見」と、器と吸水スポンジ、砂利に桜の枝5本の「作れるお花見」の2商品。両方ともバラ、カーネーション、ガーベラなど5本が付く。全国から注文でき、いずれも送料、税込みで3300円。

 バラなどは、伊勢原市、厚木市、秦野市の農家9軒から仕入れる。花の出荷が急減し、せっかく育てたのに廃棄されそうになっていたものだという。屋内外での花見の自粛を呼びかける動きもあり、hananeの担当者は「せめて、家の中で季節を感じてもらえれば」と話す。

 注文は販売ページ(https://hanane.theshop.jp別ウインドウで開きます)から。4月3日まで。(大平要)