[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で厚生労働省が自治体に対し医療体制の見直しの検討を求めたのは、2月25日に政府が示した対策の基本方針を受けたものだ。政府は現時点では本格的な流行期に入ったという認識ではないが、今後患者が大幅に増えることを想定した検討が必要と判断した。

 現在は新型コロナウイルスの感染がわかるとすべての人が入院することになっている。現在、感染症指定医療機関にある感染症の対応病床は全国に約2千床。政府は感染症指定医療機関の対応病床ではない一般の病床も空いた時点で新型コロナウイルス用にするなどとして、2月末時点で計5千床以上を確保したとしている。だが、本格的な流行が起きれば、感染症対応病床ではまったく足りない状況が出てくる。

 このため、厚労省は各自治体に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら