[PR]

 内閣府が9日発表した昨年10~12月期の国内総生産(GDP)の2次速報は、物価の影響を除いた実質(季節調整値)で、前期(7~9月期)より1・8%減った。年率換算では7・1%減。企業の設備投資などが下方修正され、GDP全体でも先月公表の1次速報(年率6・3%減)からさらに下方修正された。減少幅は、前回の増税があった14年4~6月期(年率7・4%減)に近い水準となった。

 マイナス成長は5四半期ぶり。昨年10月からの消費増税に加え、台風被害などの影響もあり、個人消費や設備投資の低迷が鮮明に表れた。

 下方修正の主な要因は設備投資の下ぶれだ。今月2日に公表された昨年10~12月期の法人企業統計では、設備投資は製造業、非製造業ともに減少。これを反映したGDP2次速報でも、設備投資は1次速報の前期比3・7%減から4・6%減に下方修正された。

 公共投資も1・1%増から0・…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら