肌の下を走る血管が丸見えに 米国の展示会で話題呼ぶ

有料記事

鈴木智之
[PR]

 手をかざすと、見えないはずの血管が、肌の下をうねうねと走る様子が画面に写し出される――。こんな不思議な装置を、奈良先端科学技術大学院大学の久保尋之助教(画像情報処理)などのチームが開発した。

 装置を米ラスベガスで1月に開かれた世界最大級の技術見本市CESで展示したところ話題を呼び、用意したパンフレット3千枚がすべてなくなった。

 装置には、光を照射する市販のプロジェクターと、携帯電話にも使われる方式のカメラを配置。プロジェクターで光を照射する位置とカメラで撮影する位置を微妙にずらし、照射よりわずかに遅れて撮影する。

 すると、カメラは肌の表面で…

この記事は有料記事です。残り465文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!