【動画】藤井聡太七段の対局始まる 棋王戦予選で出口若武四段と=佐藤圭司撮影
[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太七段(17)が9日、大阪市福島区の関西将棋会館での第46期棋王戦(共同通信社主催)予選で、出口若武(わかむ)四段(24)との対局に臨んでいる。本局の勝者は、決勝トーナメント進出まで、あと2勝と迫る。

 振り駒の結果、先手は出口四段に決まり、対局は午前10時に始まった。持ち時間は各4時間。終局は夜になる見通し。

 棋王戦は、将棋界に八つあるタイトル戦の一つ。棋王と挑戦者による五番勝負が例年2~3月に行われる。現在、第45期の五番勝負が進行中で、渡辺明棋王(35)=王将、棋聖と合わせて三冠=に関東の新鋭、本田奎(けい)五段(22)が挑んでいる。第3局終了時点で、渡辺棋王が2勝1敗とリード。第4局が3月17日に指される。

 藤井七段と出口四段の対局は、2021年2~3月に開催見込みの第46期五番勝負の挑戦者を目指す戦いだ。

 藤井七段は他棋戦でも好調だ。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。