青梅の強盗致死事件、新たに男逮捕 被害者情報を提供か

[PR]

 東京都青梅(おうめ)市の無職小川和男さん(当時67)が自宅で襲われて死亡した事件で、警視庁は9日、東京都板橋区双葉町の職業不詳丸山和也容疑者(32)を強盗致死などの疑いで新たに逮捕し、発表した。丸山容疑者は容疑を否認しているという。

 これまでに実行役として男2人、現場の見張り役として男1人が起訴されている。警視庁は、丸山容疑者は小川さんに関する情報を提供するなどした仲介役で、別に首謀者がいるとみて捜査。小川さんが生前に自宅に大金があると周囲に話していたことと、事件との関連についても解明を進める。

 青梅署捜査本部によると、逮捕容疑は昨年12月14日午前2時ごろ、共謀して小川さん宅に侵入し、金品を奪おうと小川さんの頭を鈍器のようなもので殴って死亡させたというもの。

 丸山容疑者は当時、銀色のセダン車に乗り、現場周辺を行き来する様子が防犯カメラに映っていた。警視庁が9日朝、身柄を確保した。

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント