[PR]

 東芝の主要子会社「東芝エネルギーシステムズ」に昨春にできた部署は退職を促す「追い出し部屋」だとして、この子会社に勤める小里正義さん(51)が9日、勤め先を相手取って配属の無効などを求める訴えを横浜地裁川崎支部に起こした。小里さんはIT技術者だったが、配属後は他社の倉庫に出向して箱詰めなどの重労働をさせられているといい、違法な人事権の乱用だと主張している。

 小里さんはほかに、配属を命じられる前の退職勧奨も、違法な退職強要だったと指摘。220万円の損害賠償も求めている。

 訴状などによると、小里さんは1992年に東芝に入社。おもに原発関連のシステム開発畑を歩み、経営再建に向けた主要事業の分社で2017年にできた同子会社に移った。東芝が18年11月に5カ年の再建計画を発表すると、その一環で募集が始まった希望退職に応じるように当時の上司らに3回にわたって促された。拒み続けると、19年4月に総務部京浜総務部に新設された「業務センター」に異動になったという。

 異動後はパソコンや名刺が提供…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら