拡大する写真・図版公演が再開された宝塚大劇場を訪れる人たち=2020年3月9日午後0時31分、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて公演を中止していた宝塚歌劇団は9日、公演を再開した。10日ぶりの公演となった宝塚大劇場(兵庫県宝塚市)での星組千秋楽には多くのファンの女性らが足を運び、再開の喜びや不安を語った。

 神戸市の会社員(27)は開演前、「再開してくれて、純粋にうれしい」と笑顔を見せた。一方で「人が集まるので感染の可能性が0%とは言い切れない。正直、不安もあります」とこぼした。

 千秋楽はファンらにとって特別な1日だ。通常の公演とは違い、退団者のあいさつなどがある。この日も5月で退団する専科の華形(はながた)ひかるさんのあいさつが予定されており、「最後の姿を目に焼き付けたい」と劇場に急いだ。

拡大する写真・図版公演を再開した宝塚大劇場。新型コロナウイルスの影響で、マスク姿の人が目立つ=2020年3月9日午後0時9分、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

 東京からやって来たというトップスター礼真琴(れいまこと)さんのファン(18)は、土産袋を手に劇場から出てきた。前日の8日のチケットを買って、母親と1泊2日で観劇するのを楽しみにしていたが、その公演は中止。ホテルの予約を済ませていたため、せめて劇場の雰囲気を味わおうとグッズを買いに足を運んだ。「礼さんのお披露目公演なので、とても楽しみにしていました。見られないのは残念ですが、ずっとそわそわしていたので、再開してくれてありがたいです」と語った。

     ◇

 観客を迎える歌劇団は、感染予防のため劇場に赤外線サーモグラフィーを設置するなど様々な対策を打って再開に踏み切った。

拡大する写真・図版宝塚大劇場内の飲食店の営業休止を知らせる貼り紙=2020年3月9日午後0時47分、兵庫県宝塚市、杢田光撮影

 「いらっしゃいませ。アルコール消毒へのご協力をお願いします」。劇場でマスク姿の従業員が呼びかけていた。いつもはにぎわう劇場内のレストランやカフェは閉じられ、「感染予防および拡散防止の為、飲食店の営業を控えさせていただいております」と貼り紙が貼られていた。

 赤外線サーモグラフィーはチケ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら