[PR]

 2024年度以降の大学入試での英語試験の見直しについて、自民党が9日、文部科学省に出す提言案をまとめた。全国一律の大学入学共通テストを前提とする枠組みから脱却し、大学ごとに独自の判断で民間試験を活用するよう求めている。国主導で進めてきた入試改革の方向性を大きく転換する内容だ。

 文科省は年内にも、有識者らでつくる検討会議で結論を出す方針。提言が影響を与えるとみられる。

 大学入試センター試験に代わっ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら