科学の扉 消えたササニシキ

 かつて、おいしいコメの代名詞だったササニシキ。しかし、1993年の大冷害で壊滅的な被害をうけ、日本の稲作は以後、コシヒカリとその子孫たちが支配する「1強」時代に突入した。ササニシキは、どこへいったのか。

日本を代表するブランド米、大冷害で壊滅

 宮城県大崎市にある県古川農業試験場。ササニシキは1963年、ここで誕生した。

 品種開発が始まったのは、その10年前。「食糧増産のため稲と麦の二毛作をしていた時代。田植えの時期が遅い晩植の品種が求められていた」。作物育種部の遠藤貴司・主任研究員は開発の背景を、そう説明した。

拡大する写真・図版日本の米の2大品種のひとつだった「ササニシキ」。宮城県古川農業試験場で1963年に誕生した=東京都豊島区の「宮城ふるさとプラザ」

 晩植に適したハツニシキと収穫量が多いササシグレを交配。誕生したササニシキは既存米より収穫量が多いうえ味もよく、たちまち人気品種になった。

 時代は高度成長期。米づくりも転換期にあった。農村では出稼ぎによる労働力の低下などで二毛作は減少。また、食の欧米化などで、日本のコメの消費量はササニシキが誕生した63年をピークに減少に転じ、67年には深刻な生産過剰に陥った。

 コメが「量より質」の時代に突入すると、ササニシキは日本を代表するブランド米に成長。85年には作付面積でコシヒカリに次ぐ全国2位に躍進した。

 しかし、93年に状況は一変した。日本は7月以降の異常低温と日照不足で、歴史的な大凶作に見舞われた。平年を100とする水田10アールあたりの収穫量(作況指数)は全国が74、東北地方が56、宮城県は37――。このとき壊滅的な被害を受けたのが、ササニシキだった。

 ササニシキは翌94年、作付面…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら