[PR]

 未完の小説がある。津波で亡くなった当時6歳の姉との話をつづった創作だ。書いたのは、宮城県石巻市に住む小学6年生の少女。でも、途中で手がとまり、いまも続きは書いていない。

 「姉は天から、妹は地から」。それが、小説の題名だ。白い髭(ひげ)をはやした「神様」らしき人物が出てくるところから小説は始まる。

 「糸電話をつくりなさい。長い糸電話を。そうすれば何かが起きるよ」。突然現れた髭の人が少女に、そう告げた。少女は「何だろう」と気になり、糸電話をつくった。すると、「それを空に向かって投げなさい」と、再びお告げがあった。

 少女は空に向かって、糸電話を投げる。でも、ぽとんと落ちた。もう一度、投げてみた。今度は空に高く「しゅー」と糸が伸びていった。「電話」を耳にあてると、声が聞こえた。「あなたは誰?」と少女は尋ねた。聞き覚えのある声だ。姉だった――。

 そして物語が続くはずだった。でも、そこで手がとまった。

 佐藤珠莉(じゅり)さん(12…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら