[PR]

 米大統領選をめぐり、ツイッター社は8日、トランプ大統領の関係者が投稿した動画について「Manipulated media(改変されたメディア)」と警告をつけた。対象となったのは、民主党のバイデン前副大統領が話している様子の動画で、編集を問題視したとみられる。「フェイク動画」が問題となるなか、同社は意図的に紛らわしく編集された動画などは警告をつける方針を2月に発表しており、適用第1号となった。

 警告をつけられたのは、ホワイトハウスのソーシャルメディア担当のダン・スカビーノ氏が7日夜、ツイッターに投稿した約13秒の動画。トランプ氏がバイデン氏を指して使う「スリーピー・ジョー(眠たいジョー)」の言葉とともに、バイデン氏がミズーリ州の演説で言葉に詰まり、「我々はトランプ氏を再選させることしかできない」と述べた場面を映し出している。

 ただ、実際にはバイデン氏はこの言葉に続いて、「円になって銃撃戦をやったところで。前向きな選挙戦にしなければ」と語っており、発言は「民主党の内部で争い続けると、トランプ氏を利するだけだ」と訴える内容だった。ツイッター社は編集によって言葉の後半が切られ、まるでバイデン氏がトランプ氏を支持しているような内容になっていることを問題視したとみられる。

 警告は、すべてのユーザーに見…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら