[PR]

 皇室の護衛などを担当する皇宮警察本部で、皇宮警察学校の学校長と未成年の学生らが懇親会などで飲酒をしていたことが、関係者への取材でわかった。30人前後が処分される見通し。

 皇宮警察学校は、皇室の警備などを担当する護衛官を育成する組織で、高校卒業後すぐに採用される未成年者も所属している。関係者によると、昨年6月、皇室の方々の静養先である那須御用邸(栃木県那須町)内の施設で開かれた懇親会などで飲酒したという。

 ほかにも、那須御用邸内の施設で、男女の護衛官がみだらな行為をしていたこともわかり、皇宮警察本部が調査している。

 このほか、男性護衛官が出張中、同僚女性が入浴している浴場をのぞき見し、宿泊先の従業員に見つかったことも判明。男性護衛官は天皇、皇后両陛下と愛子さまの護衛を担当。近く処分される見通し。(長谷文、中田絢子