[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが買い占められ品薄が続く状況を防ごうと、政府は10日、国民生活安定緊急措置法の政令を改正し、マスクの転売を禁じることを閣議決定した。取得価格を超える価格での譲渡に罰則を科す。15日から施行する。

 新たな政令では、一般消費者が利用するドラッグストアやスーパーなどの店舗、インターネットサイトなどで購入したマスクを、取得価格を超える価格で不特定多数に転売する行為を禁じる。違反した場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金。取得価格と同価格での転売は禁じない。

 各地のドラッグストアやスーパーなどでマスクの品切れが続く一方、インターネットのオークションサイトなどでは、高値でマスクが販売されている。政府は高値での転売目的での買い占めが、市中のマスク不足につながっているとみている。(新宅あゆみ)