[PR]

 横浜市立大学の梁明秀(りょうあきひで)教授(微生物学)は9日、新型コロナウイルスに感染したかどうか30分以内に診断するキットを開発したと発表した。体内で抗体が増え始める発症後7~10日以降しか判定できないが、他の検査法と併用することで医療現場の迅速な判断に役立つという。今後メーカーなどと協力して精度を高め、実用化を目指す。

 新型コロナウイルスに感染して1週間程度たつと、ウイルスに反応する抗体が体内で増え始める。梁教授は抗体が反応するウイルスのたんぱく質を合成。このたんぱく質を組み込んだ検査キットをつくり、感染が確定した患者6人の血清を数滴たらしたところ、抗体と反応して感染が確認できたという。

 現在感染を確認するために使われるPCR法は専門機関にしかない機械を使い結果が出るまで6時間ほどかかる。今回開発した方法は血液から血清を分離する機器があればできる。

 梁教授は「いまは技術が確立した段階。より多くの患者さんの血清を使って確かめて精度の高いキット開発につなげたい」と話す。同大学の竹内一郎教授(救急医学)は「医療現場にとって、その場ですぐ結果がわかると対応を決められるので強みになる」と話している。(三上元)