[PR]

健康・医療フォーラム(1)「生涯現役」

 「朝日 健康・医療フォーラム2020」が、大阪市北区の中之島会館で1月25日に、2月8日には東京・有楽町の朝日ホールで開かれた。東京会場では「生涯現役」をテーマにした討論のほか、専門家が口腔(こうくう)ケアや旅行・外出を通じた健康づくりを解説。最初のセッションでは、漫画家の内田春菊さん、脚本家の大石静さん、北里大の渡辺昌彦さんが「生涯現役」をテーマに話し合った。

漫画家・内田春菊さん×脚本家・大石静さん×北里大・渡辺昌彦さん

 ――きょう登壇されたみなさんは3人とも朝日新聞の連載「患者を生きる」に登場して下さいました。共通点は「腸」です。渡辺先生は腸専門の外科医。内田さんは大腸がんとその手術による人工肛門(こうもん)を、大石さんは腸閉塞(へいそく)を体験されました。

 共通点はもう一つ。3人とも60代で現役です。「生涯現役」をまっとうするにはどうすればいいか。現役のイメージは人それぞれですが、まず、みなさんの現役像を教えて下さい。

 内田 私は漫画を描くほか小説も書き、歌も歌い、俳優もやり、映画も撮っています。どれもお金になるかと言えば決してそんなことはない。でも、住宅ローンが73歳まであるので、何をしてでもローンを払い終わるまでは働きたい。それが私にとっての現役生活です。

拡大する写真・図版漫画家・作家・俳優の内田春菊さん=瀬戸口翼撮影

 大石 夢は生涯、現役の脚本家でいることです。私にとっての現役は、他者を愛する心があること。仕事をし、報酬を得る力があること。そして、仕事が評価にさらされる苦しさと喜びがある状態だと思っています。

 渡辺 妻からは「死ぬ3日前まで働け」と言われています。私には仕事しかありません。体力には限界があり、手術はいずれ難しくなるでしょうが、患者さんの話をゆっくり聞くなど、「患者さんと向き合う」医師として、生涯現役でいたいです。

 ――現役でいるには心身の健康…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら