[PR]

 株価や為替が急変動した9日から10日にかけて、証券会社や銀行のサイトに一時的にアクセスできないトラブルが相次いでいる。インターネット上での株や為替の取引が急増したことが影響した可能性がある。

 SBI証券では10日午前10時ごろ、従来型携帯電話(ガラケー)やスマホからログインできなくなった。取引が集中したことが原因とみられ、40分ほどで復旧した。パソコン用のサイトやスマホ専用アプリでは問題は生じなかった。

 また、9日には楽天証券や住信SBIネット銀行で接続できない状態が生じた。楽天証券は午前10時50分から10分ほど、パソコンやスマホなど接続方法を問わず、アクセスできなくなった。原因は調査中。SBI銀は午前11時ごろから35分ほどつながらなくなった。外国為替証拠金取引(FX)や、ネット証券口座への送金などが増えたことが影響した可能性があるという。(吉田拓史)