[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で滞る中国国内のトラック輸送に代わり、日本通運が上海と武漢を結ぶ鉄道輸送サービスを始めた。中国の物流最大手、中国外運と連携し、日通が上海市内での集荷と鉄道の予約を、中国外運が上海駅から武漢駅への輸送をそれぞれ担う。マスクや食品など救援物資のほか、自動車部品など一般貨物を運ぶ。

 日通によると、中国国内では省をまたぐトラック輸送は時間がかかっており、武漢に製造拠点をもつメーカーなどからトラックに代わる輸送手段の確保を求める声が寄せられていたという。このため、提携先の中国外運と協力して鉄道で武漢への輸送ルートを設けることにした。日本からの荷物だけでなく中国各地からの輸送を想定しているという。(田中美保)