[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、企業が対応に追われている。経済活動が停滞していることから金融支援を求める一方、学校の休校措置に伴い、従業員の働きやすい環境整備も必要になっている。

 島根県出雲市内の事業者や商工関係者でつくる「市商工団体協議会」(会長・三吉庸善出雲商工会議所会頭)は10日、出雲市と市議会に対し緊急的な金融支援や公共工事の工期延長など影響緩和に向けた対応を求める要望書を出した。

 要望は「市中小企業信用保証料補助金の上限引き上げなど要件の緩和」「利率などを市が全額補助する形での金融機関を通じた緊急無利子融資制度の創設」「市備蓄マスクの事業者向けの供給」「公共工事の工期設定や変更、予定価格の見直しの検討」「学校休校となった場合の従業員の負担軽減」の5項目。

 三吉会長は、広範な事業でキャ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら