[PR]

 若桜鉄道(鳥取県八頭町―若桜町)が進めていた気動車3両の観光車両化が完了したのを記念し、8日に3両を連結した臨時列車の運行があった。青い車体の「昭和」、赤褐色の「八頭号」、7日に運行を開始した深緑の「若桜号」が連なり、乗客なしで1往復。14日のダイヤ改正で便数が増えると、車両繰りの関係で3両連結運行はできなくなるため、1日限りの特別な列車だ。里山の田園風景が広がる沿線で住民や鉄道ファンらが見守り、菜の花など春の花と一緒に写真に収めた。(斉藤智子)