[PR]

 静岡県菊川市の住宅地で、ブラジル国籍の派遣社員、デ・ソウザ・マルコスさん(当時44)が殺害された事件で、静岡県警は10日、同県御前崎市佐倉、派遣社員山口正文容疑者(64)を殺人と殺人未遂の疑いで逮捕し、発表した。認否については明らかにしていない。

 菊川署捜査本部によると、山口容疑者は、2月17日午後7時半ごろ、菊川市赤土の住宅敷地内で、マルコスさんと妻(43)を刃物で刺し、マルコスさんを殺害、妻を負傷させた疑いがある。

 山口容疑者は、マルコスさんと同じ工場に勤務していたという。捜査本部は、今後、動機などを調べる。