[PR]

 非常勤看護師が新型コロナウイルスに感染したのを受け、外来診療を休診している国立循環器病研究センター(大阪府吹田市)は11日、当初の予定を早めて12日に外来を再開すると発表した。建物内の消毒が早く完了した。

 6日に陽性が判明した非常勤看護師は3、4の両日、産婦人科外来で勤務していた。センターは13日まで外来診療を休診する予定だった。入院診療と救急患者の対応は通常通り続けている。

 センターによると、外来診療エリア全体の壁や通路、エアコンの吸気口などを消毒した。消毒業者が追加で見つかったため予定より早く作業が終わり、繰り上げて外来を再開することにした。一部の看護師や医師が自宅待機となっているが、産婦人科外来も再開する。