[PR]

 政府は11日、国が保有するマスクのうち約250万枚を民間へ放出する方針を固めた。同日午後開かれる参院予算委員会理事会に報告する。新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクが一部で買い占められるなどして全国的に不足しており、医療現場などへの影響が危ぶまれていた。

 政府の6日時点の保有枚数は641万7500枚。これまでは、2日時点で743万1300枚を保有していると説明していたが、その後に精査して減った。現保有分のうち各府省が提供できる数を計算したところ、250万1千枚を民間へ出せる見込みという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクの買い占めが起きるなどして、店頭で品薄状態が続いている。政府は10日、国民生活安定緊急措置法の政令を改正し、マスクの転売を禁じることを閣議決定。取得価格を超える価格で不特定多数に転売する行為を禁じ、違反した場合は1年以下の懲役か100万円以下の罰金が科される。(鬼原民幸)