自分の存在意義教えてくれた ジェジュンが忘れぬファン

有料会員記事

浜田奈美
[PR]

 ファンサービスとしての「サイン会」は、芸能人にとってもファンと言葉をかわせる大事な機会だ。

 歌手のジェジュンさん(34)がその特別なファンに出会ったのは、2018年3月のサイン会だった。次々とファンと言葉を交わし、手早くサインを書いて渡すリズミカルなテンポが、変わった。杖を手に、会場スタッフに導かれながら自分の方へゆっくり近づき正面に座ったその女性は、視覚障害者だった。

 頰を紅潮させ、満面の笑みを憧れのアーティストにまっすぐ向けて、自分一人でイベントやコンサートにいけるように練習してきたことを、声を弾ませ伝えてくれた。そしてこう告げた。

 「ずっと前からファンでした…

この記事は有料会員記事です。残り968文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら