[PR]

 9年前の東日本大震災は津波の脅威を見せつけました。ただ、大津波の前に必ず大地震が起きるとは限りません。火山の噴火や崩落、海底の地滑りでも津波が起きます。こうした津波は警報が出ない恐れもあり、独自に訓練を始めた地域もあります。

 2018年12月22日、インドネシア・ジャワ島の人気バンドのライブ会場に突然、巨大な津波が押し寄せました。火山噴火と山体崩壊に伴う津波で、前触れとなる大地震や津波警報はなく、演奏者や観客が次々にのみ込まれる映像に世界が衝撃を受けました。

 鹿児島県姶良市に住む石堂誠一郎さん(68)もその一人。「避難訓練をしておいてよかった。やっぱり他人事じゃない」

拡大する写真・図版鹿児島県姶良市加治木町の東塩入地区では桜島(写真奥)の海底噴火で津波が起きることを想定した避難訓練を実施した。最短4分で7メートルの津波が押し寄せる。避難先となる小学校の屋上で前自治会長の石堂誠一郎さん(左)は「桜島の噴火に慣れてしまっている。津波が来たら今のままではまずい」と危機感を語った=2019年2月28日、鹿児島県姶良市加治木町錦江町、竹野内崇宏撮影

 石堂さんの住む地区ではこの2週間前、鹿児島湾を挟んだ対岸にそびえる桜島の噴火に伴う津波を想定して、避難訓練を初めて実施しました。桜島の活動が激しかった江戸時代の「安永噴火」では、海底噴火で津波が繰り返し発生。最大で高さ十数メートルに及び、約20人が犠牲になった歴史が残ります。

 鹿児島県は今後も同じような津…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら