[PR]

 自民党岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長が、同派会長の岸田文雄政調会長が政権を担った場合、菅義偉官房長官に連携してもらいたいと月刊誌で語ったことについて、菅氏は11日午前の記者会見で「安倍政権はまだ1年数カ月残している」と述べるにとどめ、直接の言及を避けた。

 菅氏自身も「ポスト安倍」に名前の挙がる候補の一人。会見では「安倍政権の中で、私どもは国民のみなさんの期待におこたえすることができるよう、やるべきことをひとつひとつやり遂げていく」と淡々と語った。

 一方の岸田氏はこの日の会見で、「まだ記事を読んでいない。古賀誠名誉会長から直接聞いたこともないのでコメントは控える。私自身、政治家として成長できるよう引き続き努力を続けていきたい」と述べるにとどめた。

 古賀氏は10日発売の月刊誌「文芸春秋」で、岸田氏を次期首相に推した上で「菅さんと岸田会長がタッグを組めば強い」「本当に良い組み合わせだと思う」などと語った。岸田政権が実現した場合、幹事長や官房長官の役職を挙げた上で、菅氏の協力に期待を示した。