[PR]

 南極の短い夏が終わりを迎えた。61次南極観測隊(青木茂隊長)は新たに活動拠点を広げ、夏の野外観測は成果をあげた。夏隊は帰路へ。昭和基地では残った30人の越冬が始まった。

拡大する写真・図版観測船しらせから飛び立つ大型ヘリコプター=2019年12月14日午前8時6分、南極・トッテン氷河沖、中山由美撮影

 昭和基地の南約30キロ、大陸沿岸に岩場が広がるラングホブデ。上空のヘリから大小の湖が見える。「ぬるめ池」は夏の日差しで湖面の氷がとけ、水面が光っていた。

拡大する写真・図版長い筒をつないで伸ばし、湖底の堆積物を採取する=2020年1月12日午前11時5分、南極・ラングホブデ・ぬるめ池、中山由美撮影

過去を探るタイムカプセル

 ボートを浮かべ、1~2メートルの筒を継ぎ足しながら水中へ送る。「ガガガ」、削岩機の震動で湖底に押し込む。「これくらいか」。筒を引き上げると、泥が詰まった先端が出てきた。「この堆積(たいせき)物には海だった証拠や海水面の高さ、過去の気候の情報も入っている」。産業技術総合研究所の板木拓也さん(49)に笑みがこぼれた。水深5~16メートルの4カ所で長さ最大約3メートルの泥を採った。

拡大する写真・図版長い筒をつないで伸ばし、湖底の堆積(たいせき)物を採取する=2020年1月12日午前11時32分、南極・ラングホブデのぬるめ池、中山由美撮影

 海や湖の底にたまる泥は、過去の気候や環境を教えてくれるタイムカプセルだ。分析して詳しい年代を特定し、氷の量や海水面がどう変化してきたか、気候や環境の変動を解き明かせる。

拡大する写真・図版大陸から流れ落ちた大きな氷山。青く輝く海に漂う景色が見られるのは夏だけだ。海は間もなく厚い氷に閉ざされる=2020年1月21日午後2時0分、南極・たま岬の近く、中山由美撮影

 地球は、温暖な時代の間氷期と…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら