[PR]

 沖縄都市モノレール(美里義雅社長)の運営する「ゆいレール」は10日の始発から、JR東日本の交通系ICカード「Suica(スイカ)」の利用を始めた。国内外観光客の利便性向上や自動券売機前などの混雑緩和が期待できる。Suicaと相互利用している交通系ICカードも利用可能。

 スマートフォンにアプリをダウンロードしてカードがなくても使える「モバイルSuica」では、英語対応もでき両替などもいらないことから、外国人観光客にも対応できるという。

 Suicaの他に「PASMO(パスモ)」「Kitaca(キタカ)」「manaca(マナカ)」「TOICA(トイカ)」「PiTaPa(ピタパ)」「ICOCA(イコカ)」「はやかけん」「nimoca(ニモカ)」「SUGOCA(スゴカ)」が利用できる。

 同日の記念式典で美里社長は「Suicaの利用で、シームレスな乗り降りができる。那覇空港第2滑走路の供用開始もあり、国内外の観光客に備える」と話した。(沖縄タイムス)