[PR]

 厚生労働省の有識者会議は11日、新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、重症化しやすい慢性疾患の患者の感染を防ぐため、症状が変わった場合にオンライン診療で新しい薬を処方してもらえるようにすることを大筋で了承した。ただし、新型コロナウイルスの感染が広がっている場合に限る。

 指針では、初診は対面診療が義務付けられているが、再診で同じ薬の処方を受ける場合はオンライン診療が認められている。しかし、症状が進むなどして新しい薬の処方を受ける時は対面診療が必要だ。この日の有識者会議では、慢性疾患患者が新たな薬の処方を受ける場合もオンライン診療が可能とした。

 また、今後患者が大幅に増えると、ウイルス検査で陽性が確認されても無症状や軽症の患者が自宅で療養する場合が想定される。その場合、医師がオンライン診療で経過観察ができるようにする。厚労省は、オンラインで診療や相談できるようにすることで、状態や症状の変化に迅速に対応でき、患者の安心にもつながるとしている。(姫野直行)