[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校中の佐賀県内の公立学校が、16日から再開する。山口祥義知事が11日、県立学校の再開方針を表明した。県内で感染者が出ていないことや、自宅待機が長引くことによる子どもへの影響を考慮したという。再開方針に県内20市町も同調した。

 県は先月28日、県立学校を3日から15日まで臨時休校する方針を発表。これを受け、県・市・町立の小中高校計285校が一斉に休校した。16日以降の対応について、県は「感染拡大の状況を見て判断する」としていた。

 再開の判断について山口知事は「子どもがずっと家の中にいることになり、『心身ともに大丈夫か』『公園に出て行きたい』といった声をきいた。ならば学校でしっかり対応して、今後県内でリスクが発生した時に修正したほうが、全体として子どもたちのためになると判断した」と説明した。

   …

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース