[PR]

 11日に衆院内閣委員会で可決された、新型コロナウイルスを新型インフルエンザ等対策特別措置法の対象に加える同法改正案。この日の審議では、改正案で懸念される緊急事態宣言に議論が集中した。担当する西村康稔経済再生相は「緊急事態宣言はまさに『伝家の宝刀』。使わずに済むように」と答弁した。主なやりとりは以下の通り。

フリーランスの休業補償額、首相「迅速支援や非正規雇用者とのバランス」

 【参院本会議】

 共産・伊藤岳氏 (新型コロナウイルス対策の)フリーランスの休業補償はなぜ日額4100円なのか。

 安倍晋三首相 働き方や報酬が多種多様な中、迅速に支援を行う必要があることや非正規雇用の方の給付とのバランスを考慮した。

 維新・柳ケ瀬裕文氏 軽症の患者は自宅隔離療養とし、重症患者に資源を集中すべきだ。政令の改正は。

 首相 仮に患者数が大幅に増えたら、軽度者は自宅での安静、療養を原則としている。現行の政令も、軽度者を含めてすべての患者を入院させることまでは求めていない。入院を重症者に限定することは、改正せずとも実施可能だ。

緊急事態宣言、担当相「まさに『伝家の宝刀』」

 【衆院内閣委員会】

 公明・江田康幸氏 (新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案が定める)「緊急事態宣言」をするにあたり、国会の関与を明確に位置づける必要がある。

 西村康稔・経済再生相(特措法…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら