[PR]

 例年より駆け足でソメイヨシノの開花が近づく中、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、神奈川県は11日、27ある県立公園で花見の宴会の自粛を求めると決めた。すでに横浜市など一部の自治体に同様の動きが出ている。各地の桜まつりも中止が相次ぎ、今年は心静かに花をめでる春になりそうだ。

 県立公園の一つ、保土ケ谷公園(横浜市保土ケ谷区)では11日午後4時ごろ、「飲食を伴う宴会等の自粛について」と書かれたお願い文が園内の桜の幹に付けられた。花見での飲食を伴う宴会の自粛を求め、散策する際はマスクの着用を呼び掛ける内容だ。

 県立公園の中には、三ツ池公園(横浜市鶴見区)や津久井湖城山公園(相模原市緑区)、恩賜(おんし)箱根公園(箱根町)などの桜の名所もある。県は11日、今回の決定を県内33市町村にも参考として通知した。

 横浜市は県より早く、三ツ沢公…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら