[PR]

 たくさん思い出の詰まったおうち。お父さんはおうちに手を合わせて、「もう二度と戻れないかもしれない」と桃とお母さんに言いました。3月11日夕方6時のことでした――。

 東日本大震災で故郷を離れ、避難生活の体験を絵本で伝える人が静岡県富士市にいる。福島県浪江町出身の堀川文夫さん(65)。「津波と原発に引き裂かれた人々の思いを忘れないで」と3年前に「手紙 お母さんへ」と題した絵本を出版し、学校や図書館に寄付してきた。

 本の主役は、雌のゴールデンレトリバー「桃」。堀川さんと妻の貴子さん(66)が、2001年から家族同様に過ごしてきた。原発事故で全町避難を強いられ、夫妻は桃と共に、ペットの受け入れ可能な富士市の一軒家に移り住んだ。

 避難中、桃は浪江に帰りたがっ…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら