[PR]

 東日本大震災の発生から11日で9年となった。滋賀県内でも犠牲者を悼む法要が営まれ、大規模災害に備えた訓練があった。県によると2月25日現在、福島、宮城両県などから60世帯156人(昨年と比べて世帯数は同じだが5人減)の避難が続いている。(新谷千布美)

 原発事故が発生した場合、被曝(ひばく)する前か直後に飲むと甲状腺がんを防ぐ効果がある「安定ヨウ素剤」。県内全域で事前配布を望む声が強まり、昨年10月には約20の市民団体が連絡会を結成した。

 「何もしないままでいいのか」。連絡会メンバーの一人で大津市の開業医、福田章典さん(59)は東日本大震災発生時、福島第一原発事故のニュースを見ながら自問した。

 他県で安定ヨウ素剤の知識を広…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら