[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による東京五輪・パラリンピックへの影響について、東京都の小池百合子知事は12日、「楽しみにしておられる方が多く、中止という選択はないのではないか」と強調した。官邸での安倍晋三首相との会談後、報道陣に語った。

 新型ウイルスをめぐっては、世界保健機関(WHO)が12日、世界的な大流行を意味する「パンデミック」の状態だと言及した。

 小池知事は同日、報道陣に「パンデミック宣言が出され、(五輪開催の)流れに影響しないかと言えば、全くしないとは言えない」と述べた。また、12日にギリシャで開かれる五輪採火式に併せて「IOC(国際オリンピック委員会)と大会組織委員会で会議が持たれるのではないか」と話した。(軽部理人)