[PR]

それぞれの最終楽章・食でつながる(1)

在宅栄養専門管理栄養士・安田和代さん

 私は岐阜県岐南町にある在宅医療クリニックで訪問管理栄養士をしています。他のスタッフと連携しながら、「食」という観点から患者さんの満足度を高めるため活動しています。今回のシリーズでは、患者さんを中心に「食」で様々な人たちがつながる物語をご紹介していきます。

 1回目は、パーキンソン病の影響でのみ込みが難しくなった男性Tさん(享年84)のケースです。外食先で誤嚥・窒息して救急搬送され入院。人工呼吸器をつけ、回復後に胃ろうを造りました。私は退院後の2013年9月から訪問栄養指導で関わるようになりました。

 Tさんは入院中は絶食でした。訪問した際、言語障害がありましたが、「口から食べられるようになりたいというのが一番の望みです」とはっきり意思を示しました。奥さんも「食べることが大好きな人なので、少しでも口にできたら本人のストレスが減ると思います」と話しました。

 訪問するたびに、口周りの筋力…

この記事は有料会員記事です。残り1394文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1394文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら