[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、警察庁は10日、人混みを避けたいなどの理由で運転免許証の更新手続きに行けない人について、免許の有効期間を延長すると決めた。警察署に申し出れば、3カ月間延長される。13日から始める。

 政府が10日決定した第2段の緊急対応策に盛り込まれている。延長の対象は、感染の恐れがある人や、人混みでの感染を心配して運転免許センターや教習所での講習などの手続きを避けたい人。免許証の裏面に延長が認められたことが明記され、延長された期間内に更新手続きをすればよい。

 警察庁はすでに、2月下旬から、免許証を更新せず失効した人について、通常の更新手続きで再取得できる特例措置を始めている。ただし、失効から再取得までの間は運転はできない。(八木拓郎)