[PR]

 中国福建省泉州市で新型コロナウイルスの隔離施設として使用されていたビルが倒壊した事故で12日、巻き込まれた71人のうち、最後の1人が遺体で発見され、捜索活動が終了した。合計の死者は29人、重軽傷者は42人となった。国営新華社通信が伝えた。

 中国政府は12日、事故原因を検証する調査チームを立ち上げたと発表した。ビルは建設・改築工事に加え、当局の建築確認にも重大な問題があったと指摘され、インターネット上で批判が強まっていた。

 ビルは7日夜に突然倒壊。その直前、現場作業員が1階部分の柱の変形に気づき、ビルの所有者に連絡した。地元警察はビルの所有者を拘束し、刑事責任を追及するとしている。(香港=益満雄一郎)