[PR]

 マスクを売ります。希望の場合は、返信を――。

 長崎県警は12日、新型コロナウイルスの感染拡大に乗じた、不審なメールや電話が県内で相次いでいると発表した。詐欺被害につながるおそれがあり、注意を呼びかけている。

 生活安全企画課によると4~12日、不審なメールや電話があったという相談が3件続いた。4日の相談は、インターネット通販大手「アマゾン」に似た名称を名乗るアドレスから「感染症対策でマスクを販売するので、希望の場合は返信を」とするメールが届いた、というもの。12日には「厚生労働省の補助機関の職員」を名乗る人物から、「国から従業員1人に対して50万円が助成される」という内容の電話があった、と企業から相談があった。

 いずれも被害には至らなかったが、担当者はこうした手口が広まる恐れがあるとみて、「個人情報を他人に教えない」「心当たりのない連絡には答えない」などの対策を呼びかけている。(横山輝)