[PR]

 新型コロナウイルスの世界での感染拡大をめぐり、橋本聖子五輪相は12日、記者団に東京五輪・パラリンピック開催への影響を問われ、「今まで通り、安心と安全の東京大会が実施できるように対応を進めていく」と述べた。大会組織委員会の理事からも延期を考えるべきだとする個人的見解が出る中、引き続き準備を進める姿勢を強調した。

 橋本氏は組織委や東京都などと連携し、「アスリートが安心し、不安なく準備できるようにすることが、絶対にアスリートファーストの視点からも欠かすことのできない重要なことだ」と話した。

 大会を実施するかどうかの判断は、国際オリンピック委員会(IOC)が決めるものとしつつ、「一つ一つの発信がIOCの揺るぎない決定につながる」と述べ、日本政府の新型コロナ対策などの情報発信に力を入れる考えを示した。

 新型コロナをめぐっては、世界保健機関(WHO)が世界的な流行を意味する「パンデミック」と認定。東京都の小池百合子知事は12日、首相官邸内で記者団に「楽しみにしておられる方が多く、中止という選択はないのではないか」と語っている。