[PR]

 ヒーローショーに悪役を派遣してきた福岡市のイベント会社が、4月から九州朝日放送(KBC)で特撮番組をレギュラー放送する。その名も「ドゲンジャーズ」。ヒーローに負ける裏方に徹していた会社が、表舞台に立つことに。いったいどんな内容なのか。

 「株式会社 悪の秘密結社」は、2016年に笹井浩生(こうき)さん(30)が起業したヒーローショー専門のイベント会社だ。テレビのヒーローものに憧れ、学生時代にスーツアクターのアルバイトも経験した笹井さんが、広告会社勤務を経て立ち上げた。

 各地にご当地ヒーローはいるが悪役は少ない。誰とでも戦う悪役を専門にすれば仕事になると考えた。マンションの一室でスタートしたが、今では福岡・天神にほど近いビルに本社を構え、東京に支社を置く。社員6人、スーツアクター約40人が関わる。怪人「ヤバイ仮面」を中心にヒーローショーの台本を手がける。

拡大する写真・図版「ドゲンジャーズ」のロケが福岡市の西新商店街で行われた=2020年3月3日午後2時23分、福岡市早良区、山野健太郎撮影

拡大する写真・図版「ドゲンジャーズ」のロケが福岡市の西新商店街で行われた=2020年3月3日午後2時23分、福岡市早良区、山野健太郎撮影

 「ヒーローのヒーローであれ」…

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら