[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大による観光客の減少などに対応するため、鳥取県は独自の支援策を打ち出した。国の第2弾の緊急対応策を受けたもので、感染拡大の打撃を受けた県内経済界や宿泊業界の活性化を図る。

 県内では、1月中旬~4月末の宿泊キャンセルが約4万4千件に上った。県観光戦略課によると、バスツアーを作る旅行会社などへの助成を倍増。バス1台当たり、宿泊旅行で6万円、日帰りで3万円を支援し、人数の条件も1台当たり20人以上から5人以上に緩めた。

 休校に伴う子どもの居場所を作るため、館内を開放したり子ども食堂を開いたりする旅館・ホテルに対しては、1施設に最大10万円を助成する。それぞれ予備費100万円を充て、11日から募集を始めた。

 県立地戦略課などによると、鳥…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら